読解・語彙を増やす

中国語を覚えるために小学生の頃のように漢字を書きまくるのは効果的なのか?

2015/07/03

中国語は漢字。漢字というと書き取りを思い出してしまう…。
私が中国語を学び始めた頃、暗記するために漢字を書きまくっていました。小学生の漢字テスト前夜のような勉強の仕方です。漢字を覚えるのはこれが効果的なのかな…というか、これしか無いと思っていました。そのため、この学習法を中国語にも持ち込んでいたのです。

 

でもね…。

この覚え方ってあまり良くないです。
人によってはこの方が良いという人もいるでしょうけど、私には合いませんでした。何故かと言うと記憶に残りにくいからです。


スポンサーリンク

「一文字5個ずつ書こう。」

漢字を書いて意味を覚えても…これじゃあ中高生の英語の勉強と変わりません。
単語帳に英単語と意味を書いてしまえば、なんとなく一仕事終えたような気がしてろくすっぽ単語帳を見なくなってしまう…。

著作者:Skeletalmess

著作者:Skeletalmess

本当に暗記をするならフレーズごとに覚えていくことですね。
知らない言葉の意味を辞書で調べれば例文が幾つか載っています。これをまるごと暗記します。漢字を書くのは良いことです。でも、一文字二文字書くのではなく、例文をまるごと五回ずつ書いた方が定着しやすいのです。

她把我甩了。ta1 ba3 wo3 shuai3 le(彼女は私を振った。)

「甩」という単語を覚えるのにこの一文字を書きまくるよりも、フレーズごと覚えた方が面白いし、退屈しませんよね?男女間のすったもんだで使いそうですし、単純なフレーズですが、外国人が中国人に口にすれば「クスッ」としてくれるでしょう。恋愛ネタは誰しも興味があるので、覚えやすいでしょう。

書きながら必ず口ずさみましょう!
黙って書くよりも口ずさみながら書くことで、自分の口にこのフレーズを覚えさせます。スポーツと同じで反射的に言葉が出てくる様になればこっちのものです。


スポンサーリンク

-読解・語彙を増やす