中国留学

中国人との相互学習(互相学习)をしよう!

中国に留学している時は中国人の学生と相互学習をしていました。
特に、中国に来たばかりで中国人の友だちがいない人は、是非相互学習の相手を見つけて、中国語を上達させるとともに中国人の友人を作るきっかけ作りにしてください。

無料の相互学習で中国語を上達させよう

留学中であれば通っている大学の日本語学科の学生が良いでしょう。
大学2,3年生が学習相手になることが多いと思います。2年生なら基本的な文法や表現を身につけていますし、ハングリー精神旺盛で日本の二流大学の中国語学科2年生よりも遥かに勉強しています。2年で到達できるレベルはこんなにも違うのか…と驚きました。圧倒的な努力の差ですね。


スポンサーリンク

相互学習の時間配分

私は二人で90分でした。
日本語を話すのが45分、中国語で話してもらうのが45分でした。
私は集中力が持たなかったので45分でも長いくらいでした。週に2,3回やっていると話題のネタ切れと集中力が切れてしまうのに悩み、30分ずつにしてもらいました。30分にしてもらってからは、お互いに気楽になり、雑談も弾むようになりましたね。

多くの人は1時間ずつでした。それだとあまり持たなかったようで、「相互学習の2時間はきついなあ」と愚痴っていた人がいました。

相互学習のパートナー選び

あなたが全くの初心者の場合

選ぶ相手は日本語が堪能な学生が良いでしょう。あなたが中国語初心者の場合、彼らにとって格好のカモです(言い方はちょっと汚いですが…)。日本語を話す機会が多く、日本語で発音の注意点、文法を説明するのは彼らにとって非常に良い練習になります。中国語を話すターンになっても、あなたはほとんど話せないわけですから、質問などはすべて日本語です。相手には嬉しいはずです。

でも、あなたにとっても日本語を話せる中国人に中国語を教えてもらえれば、上達も早いし、発音の微妙な注意点の解説、文法の解説などを聞くことができるので、授業でどうしても理解できない、再現できない発音を矯正してもらう良いチャンスです。

 

初級、中級レベルで相互学習をするときの注意点

勉強相手の日本語レベルが自分の中国語レベルよりも低い場合

日本語を教える時は、かんたんな内容が多いのでそれほど困るシーンはありません。あなたの中国語でリードしながら学習を勧められます。

 

勉強相手の日本語レベルと自分の中国語レベルがほぼ同じ場合

私は主に宿題を見てもらいましたが、それだけでは間が持ちません。
自分なりに課題を見つけてくるか、相手に課題を出してもらうと良いでしょう。

「読者」などの薄っぺらい大衆向け雑誌から短編を幾つかピックアップし、訳をしながら内容について語り合うとか、日本と中国の習慣の違いなどテーマを決めて語り合うとか。

逆に難しいのが、日本語を教えるときです。相手が日本語の初心者であれば、発音や簡単な文章の説明だけで済むのですが、相手がある程度のレベルになってくると、文法的な質問に答えるのは簡単ではありません。

 

勉強相手の日本語レベルが自分の中国語レベルを圧倒的に上回る時

もしかしたら相互学習の相手ではなく、家庭教師と生徒の関係になるかもしれません。彼らの日本語がある程度のレベルに達してしまうと、別に相互学習ではなく日本の留学生と友達になることが多いです。
初級中級レベルの方なら、同レベルの中国の方と組んだ方が良いかもしれませんね。

 

相互学習の注意点とマナー

  1. 中国語パートと日本語パートの時間を守りましょう。
  2. 早口で話さない。
  3. 感情的にならない。
  4. 与えられた課題があったらそれを必ずこなす。

1.は当然ですね。自分だけ中国語ばかり話していたら不公平ですし、その逆もしかりです。

2.早口で話す。これは中国の方によく見られました。私もやられたのですが、中国語学習パートの時、ものすごい早口でまくし立てられてしまい「再说一遍」というと、「だからあ~」と日本語で解説してくるんですよね。中国語を話しても勉強にならないから、日本語を多く話そうとしてきます。負けるかと思って耳をそばだてて聞きましたが、故意に早口で話すので聞き取りづらいです。

もっとゆっくり話すようお願いし、それでも早口で話すようでしたらパートナーを変えた方が良いかもしれません。

3.感情的にならない。
発音間違い、文法間違い、単語の用法の間違いを指摘されても感情的にならないことです。気の短い人でガチギレしている留学生がいましたが、あれは行けません。また、逆に相手のミスや言い間違いを笑ったりしないことです。

4.課題はきちんとこなす
お互いに課題を出し合って、やってこなかったら嫌な気分ですよね。
宿題のチェックをした時に、「ごめんやっていなかった」と言われるとこいつやる気ないなと思ってしまいます。話題にも困るし、時間も無駄になってしまいます。

いずれにしてもマナーの問題ですね。

 

時には出かける

外で食事をしたり、遊びに行くのもいいでしょう。
服務員の記事でも書きましたが、良い人間関係となるよう付き合うことです。

留学生宿舎で服務員とたくさん話そう!彼女たちとの関係を構築せよ

仲良くなると学生の実家まで招待してくれることがあります。農村での体験は一生の宝ものになります。相互学習パートナーから人脈を広げていくと、楽しい留学生活を送れます!


スポンサーリンク

-中国留学