中国語学習ノウハウ

みんなが何もしていない時に学習し続ける

 

学生ならまだしも就職していますと、週末の休み、GW、夏季休暇などの休みが待ち遠しくてなりません。就職して間もないころ、自分の中国語を更に磨くために帰宅後も時間を抽出して学習していました。

GW、夏季休暇普通ならどこかにでかけたり、何もせずダラダラと過ごすと思います。
私はこの時間を中国語の学習に当ててやろうと缶詰になってやりました。いつも使っている教材では面白くないし、やる気も失せてしまいそうなので「休暇中学習教材用」を購入しました。

「快速マスター」とか「すぐに覚える中国語!」「○日でできる中国語!」系の本当にこんなので覚えられるの?アマゾンの評価どーなのよ?みたいな本でいいです。騙されたと思って買ってみます。それもあえて新品で。こんなやつね⇒快速マスター中国語


スポンサーリンク

新品で購入したのにクソ教材だと…騙されたと思い元を取ろうと思いました。捨ててしまう人もいると思いますけどね。わたしは悔しかったので余計に燃えました。この教材からどれだけ語学力を搾り取れるかを考えて不乱に学習しました。

お金があったら参考書とか本を買え!

0I9A100015030106yubi_TP_V

 

わかりにくい表現、文法、単語に引っかかってしまい、何度も例文を見直しているとあっという間に時間が過ぎてしまった記憶があります。

外国語をマスターしたいと思っている人は何かを犠牲にしないと思うんですよね。
特に社会人だと時間が限られています。遊ぶ時間、飲む時間。惰眠を貪る時間。

何かを捨てる。何かを変える。

「外国語うまくなりたい。でも自分の時間を削ってまでは…」

一生無理ですw週1,2回ネイティブと喫茶店で駄弁るだけで上手く慣れるほど甘くはありません。普通の人と同じように生活して、自分だけは望む物を手に入れたいなんて虫が良すぎますよね。

遊ぶ時間、ゆっくりする時間を切り捨てる。
休日どうしても休みたいのであれば、平日夜もしくは早朝に時間を作って集中的に勉強する。習慣を変えていく、人と違う行動を習慣づけること。

その習慣の積み重ねが、半年後、1年後、3年後…間違いなく進化できます。
「英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 (Asuka business & language book)

孤独に感じることもあるでしょう。でも、孤独って人を強くする要素の方が強いです。自分のやりたいことをやるために孤独になる必要があるのなら、それは良いことじゃないですか!


スポンサーリンク

-中国語学習ノウハウ