中国語会話練習

中国語の苦手意識を吹っ飛ばせ!

 
中高生時代の英語教育の影響なのか、国民性なのか、日本人は外国語を話す時でも失敗を恐すぎるし、ネイティブ・スピーカーの前で失態を見せると馬鹿にされる…と思っている。

中国で暮らしていると、言語面で様々なプレッシャーに苛まれます。

  1. 文法を間違えたり、単語が不適切だと馬鹿にされる
  2. 中国語が喋れないと知られると、目の前ですぐ陰口を叩かれる
  3. 中国語が話せないとなんとなく劣っている気がする。

そんなプレッシャーですが、これはあなたが勝手に作り上げた妄想であります。
私自身もそう感じていましたが、こんな事考える暇があったら勉強しろってことですよね。


スポンサーリンク

仕事で使っている時はある程度限られているので、それほど劣等感は感じないのですが、プライベートで中国人と食事をしたり、出かけたりするときに言葉に詰まってしまうと、「ああ~だめだなあ」と思ってしまいます。

 

gf01a201312011000
中国は様々な民族が混在していますし、同じ漢民族でも地方によって方言があり、普通話でないとお互いに意思疎通ができません。当然、まともな普通話を話せない人も大勢います。多分、普通話をまともに話せる人の方が少ないはずです。そんな状況ですから、外国人であるあなたが拙い中国語を話したところで…彼らが気に留めますか?

留めませんよね?
よく言われていることですが、開き直りが大事です。

  • 拙くても通じればOK!
  • 中国語を間違ったところで怒られるわけではない。
  • 中国語が上手な人が偉いわけではない。
  • 中国語はただのコミュニケーションツール

日本人と話す時と同じ気楽さで話せば良いです。

 

実際に中国人と中国語で話すと、早口でまくしたてられる、声調が結構乱れている、発音が間違っている。今まで習ってきた普通話はなんだったのだ…と自己嫌悪に陥る。などの反応があると思いますが、所詮人間同士なので慣れが大切です。

いきなり緊張せずに話すことは難しいですが、とにかくネイティブスピーカーとの会話を繰り返していくことで緊張は抑えられるようになります。私も未だに緊張してしまいます。アウトプットと割りきって恥なんて気にせずにどんどん話すことです。これが中国語上達の王道ですね!


スポンサーリンク

-中国語会話練習