外国語のモチベーション

中国語を勉強していて行き詰まった時 BOOKOFFやダイソーに行く

中国語を勉強していると、当然のことながら壁にぶつかります。
上達を実感できずにコツコツと勉強するのは、ストレスになりますし、モチベーションも下がってきます。

それでもやっぱり学習しないとうまくならないのですが、人間ですからロボットみたいに同じ作業ばかりはできません。息抜きの方法は人それぞれあると思います。外国語学習にお金をかけていないけど、息抜きにはお金をかける人はたくさんいます。 私はお金もなかったので最低限の教材は準備しましたが、息抜きや趣味に思い切りお金をかけられる身分ではありませんでしたので、リサイクルショップやBOOKOFFなどをぶらぶらしていました。

gf01a201312281700


スポンサーリンク

 

BOOKOFFには中国語の参考書も売られています。
中古本なので在庫の数はまちまちですが、中国語学習者も徐々に増えているのか、どの店舗に行っても最低数冊は置いてあります。
お金が無いので当然100~200円のコーナーを物色します。
値段が値段なのでCDが無かったり、書き込みが合ったりするものが多いです。
それでも、中には良い教科書が置いてあることもあるのでそんな時は購入してしまいます。物色していると「こんな内容では捨て値で売られていても当然」と思える本もあります。

 

仕事がら出張が多いため、地方のBOOKOFFにはよく行きました。
ずいぶんと足を運んだのでダメ教材が記憶に残ってしまい、新刊書店の中国語コーナーでそのダメ教材を見かけると「こんなの新品で売るのかよ…」とぐったり。
でも、ダメ教材ばかりではないのでBOOKOFFでそこそこ興味の持てる教材があったら迷わず買って下さい。100~200円/冊の出費ですからね。薄っぺらい教科書だったらちゃちゃっと勉強し終えてしまえばちょっとした達成感も得られます。

 
また、最近ではよく100円ショップダイソーにも足を運んでいます。
日常生活用品で「これって中国語でなんて言うんだろ?」というシーンは多々あります。そんな時は辞書で調べることもありますが、物によってはマニアすぎて載っていないこともあります。そういう時はダイソーに行って商品を物色。

おそらく9割以上の商品に中国語が付記されています。
これが大変勉強になります!こんな小物まできちんと翻訳されて…と感動することもあります!

できればメモっておきたいのですが…さすがに紙とペンを片手にメモメモしていたら店員さんに睨まれちゃいますからね。

だから、その場で覚えられるように商品を凝視してください。発音するのもいいですが…怪しまれないように。結構勉強になるんですよね…ダイソー。。。

-外国語のモチベーション