読解・語彙を増やす

身近な単語から覚えていく!先ずは周辺のモノを中国語で覚えよ!

単語を習得しようとすると、どうしても基礎的な教科書に載っている単語を一生懸命覚えてしまいます。それはそれで大切なことなのですが、それ以外にも身の回りのものを中国語で言えるようにしたいものです。

「桃は一斤でいくらですか?」的な文章もおろそかにしてはいけないのですが…。フライパンとか調味料の名前、天井、文房具などの中国語訳を覚えることも大事です。身の回りの単語って意外と盲点ですよね…。

 

著作者:alicebanana

著作者:alicebanana

知らない単語を調べる


スポンサーリンク

初心者のうちは実践かつ身近な単語をよりたくさん覚えることで、上達のスピードが違ってきます。
私も身の回りの単語を覚えましたね…。
中国人との会話で「台所のあれは…中国語でなんて言うんだろ?」と思うことは多々あるはずです。そんな時は「なんでこんな単語もしらないんだっ!」と自己嫌悪してしまいますよね。

身の回りの物の中国語訳を並べてみましょう。
例えば台所…

流し台のシンク…洗碗池 xi3wan3chi2
洗浄剤…洗涤剂 xi3di2ji4
本棚…书柜 shu1gui4
ハンドミキサー…打蛋机,搅蛋器 da3dan4ji1,jiao3dan4ji1
ガスコンロ、コンロ…煤气灶、炉子 mei2qi4zao4 lu2zi
元栓…总开关 zong3kai1guan1
スポンジ…海绵  hai3mian2
床にある排水口…地漏  di4lou4
換気扇…排气扇 pai2qi4shan4
ポット…保温瓶,热水瓶 bao3wen1ping2 re4shui3ping2

 

鍋とか箸、お皿などは習いますけど、私が当時使っていた教科書には上記アイテムが載っていなかったので書いてみました。これらはあくまでも名詞なので片っ端から暗記してしまうとよいでしょう。少し文法が身についてきたら、簡単な文章を作って覚えるとより効率的です。

用海绵和洗涤剂刷碗儿。 スポンジと洗浄剤でお皿を洗う。

ちょっと強引ですが、2語同時に覚えられるので良いかと。

 

身の回りの単語をほじくりだす方法

  1. 部屋を見渡す
    これって中国語でなんて言うんだろ…?と思ったらすぐにメモる
  2. 辞書で調べる
    日中辞典が必要です。最初のうちは中日辞典のみですよね。電子辞書を買えば両方の機能がありますが、前にも書いたとおり、ぜひ紙の辞書を使って下さい⇒中国語を勉強するのなら紙の辞書こそ王道!
  3. 単語を書く
    単語を書きます。
  4. 文章を作る
    新しく覚えた単語を使って例文を書きます。

この流れで身の回りの単語からやっつけていきましょう!


スポンサーリンク

-読解・語彙を増やす