中国語学習ノウハウ

中国語も英語も…効率的勉強法のノウハウコレクターは時間の無駄

2015/07/03

 

書店に行くと外国語学習のノウハウ本がところ狭しと並んでいますね。
モチベーションを上げるために1,2冊買って読む分には構いませんが、気づいたら家の本棚がノウハウ本で埋まっていたなんてことになりかねません。

著作者:Vive La Palestina

著作者:Vive La Palestina

効率的な学習方法を探している時間があったら、その時間を語学学習に費やすべきです。
自分でこれと決めた学習法が見つかったら、とりあえずはそれを信じてやってみることの方が大事です。
自分を騙すことも必要。

自分に合いそうな学習法が見つかればそれに越したことはありません。しかし、どうしても自分に合いそうな学習法が見つからない、かと言って自分のやり方は「中学高校時代の英語学習法」と同じなので自信がない。使えそうな学習方法を試してみたい。


スポンサーリンク

学習方法が定まらず、いろいろ考えてしまうのなら教材を買ってしまいましょう。
私は貧乏性なので元をとろうとして使い倒そうとする癖があります。一冊買ったんだから最初から最後までひと通りやらないと気分が悪いです。

基礎的かつ薄い本を2~3冊購入してみてください。

  • 発音の基礎が網羅されている本
  • 簡単な会話文がメインの本

この二冊だけでも良いと思います。
中国語は発音が一番です。発音の訓練には1ヶ月以上掛かりますし、人によっては2,3ヶ月かかることもあります。飽きてしまうかもしれませんが、ひたすらやります。聞いて、大きな声で真似してを繰り返します。発音の教科書に飽きてきたら気分転換に会話文の本をチラチラと見るのもよいでしょう。

語学の勉強って退屈です。同じことの繰り返しです。暗記ばっかりです。
ネイティブとのコミュニケーション、フリートークを謳って外国語は楽しいよとアピールしている外国語教室が山ほどありますが、「トークを楽しめるレベル」に到達するまでは地味で退屈な反復作業の繰り返しなんです。

フリートーク、ネイティブとのコミュニケーションを謳い文句にして集客出来るのは英語でしょう。英語は皆さんいやいやながらも中学高校時代勉強してきましたし、いくら苦手な人でも超簡単なフレーズくらいは出てきます。そんなフレーズをネイティブに聞いてもらって理解してもらえれば、

「お!英語って面白いな!通じるもんだな!よし、やってみよう!」

となる可能性があるのです。

 

しかし、中国語やその他外国語を義務教育の間に勉強したことがあるという人はごく少数派です。その言語の知識ゼロで学んだことがないのに、いきなりネイティブとの会話なんて無理です。
英語の場合、かつて勉強したことがあるのでなんたらラーニングを聞けば、それが呼び水となって上達することも考えられますが、学んだことのない外国語を聞いているだけで上達させるのはほぼ不可能でしょう。

安易な学習法、即効性の高そうな学習法(あるのか?)を追い求めるのなら、地味な作業をコツコツ繰り返して行くべきです。
勉強する時間が無い、覚えられない、毎日勉強しているのに発音が上達しない。年令による上達のスピードがあるものの、人間やればできます。

「時間ない、覚えられない」はただの愚痴です。
愚痴ってもうまくなりません。FacebookなどのSNSをいじる暇があったら、単語を一個覚えて下さい。出来ていないのは努力が足りていない。外国語が出来る人がしている努力をしていないだけです。

私も中国語を学び始めた頃は発音の練習ばかりさせられていました。
早く覚えて次の段階に行きたかったので、めちゃくちゃ練習していました。クラスでも下手な方ではありませんでしたが、人の何倍やってようやくみんなよりちょっとうまい程度でしたし、留学とか仕事をしていると時々見かける「スーパーマン的な語学力を持った人」などとは全く違います。すぐに上手くなっちゃう天才肌の人っていますよね。彼らは例外です。

  •  ちょっとの努力で上手くなる人
  • 聞くだけでうまくなった人
  • ネイティブと話しているだけでうまくなった人

このような楽で楽しそうな学習法ばかりが目につきますが、本当の中国語学習ってもっと泥臭いものです。暗記も多いし、反復練習も多い。でも、それを続けていけば中級レベルには間違いなく上達します。諦めずに騙されたと思って愚直にコツコツ中国語の勉強を頑張ってみませんか?

-中国語学習ノウハウ