読解・語彙を増やす

中国語上達者が避けて通れない道。単語をたくさん身につけること

専門外、非日常的すぎる単語ばかり知っていても仕方ありませんが、より多くの単語を知っている方が断然良いです。リスニングやライティングでも知らない単語は耳に入らないし、書けません。リスニングをスキマ時間にやるとしても、単語の意味を理解した上でないといくら聞いてもただの音にしか聞こえません。

著作者:CollegeDegrees360

著作者:CollegeDegrees360

単語を覚えるには大変な労力をかける必要があります。
勉強し始めた頃は発音、声調に時間を取られますが、中国語を勉強し続けてからずっと…、社会人となって中国語を使う仕事に就いてからもずっとついて回るのが、『単語学習』です。

 

おすすめの単語学習本


スポンサーリンク

 

 

「ゼロからシリーズ」は初心者にも優しく、基本かつ実践的な単語が網羅されていて、覚えた時に達成感を得られます。王丹先生の教科書は独学者必携、いや、中国語学習者の王道単語帳と言ってもいいでしょう。

 

短期集中型が良いか?長期間かけて覚えていくのが良いのか?

一番良いのは短期集中型の勢いを維持しながら、長期間勉強していくことです!

って…言っても、これが出来るのは超人だと思います^^

普通ならば短期集中型で1,2ヶ月頭に叩き込んで、試験が過ぎたら忘れてしまいます。 私の場合、短期集中で勉強するのはとても苦手です。

そのため、多くの単語を短期間で暗記するのは苦手ですが、一度覚えた単語は非常に忘れにくいという強みがあります。

そのためには脳内にしっかり記憶を留めるために、繰り返し同じ単語を勉強することです。
同じ単語を日を置いて勉強していました。記憶に定着させるためには定期的に同じことを繰り返し勉強しなければなりません。今日勉強した単語を来週にも、来月にも勉強する。

 

「単語を覚えたらすぐにでも中国語が上達するか?」

と、聞かれればNOともYESとも答えられません。初心者の方が一気に100単語覚えるのと、中級者以上の方が一気に300単語覚えるのとでは上達の実感に差があるからです。初心者の方が100単語使えるようになると、相当うまくなったと実感できるでしょう。

より多くの単語を修得するのはリスニング、会話、リーティング、ライティングすべての基礎ですから、ぜひ単語習得にも力を割いて下さい!

 

こちらも読むとより効果的ですっ!


スポンサーリンク

-読解・語彙を増やす