中国語初心者の学習方法

中国語の学習を習慣化せよ!学習の苦痛を無くすには習慣化が一番

外国語を習得するには学習を継続してく習慣をつけることが大事です。
しかし、多くの人がこれを実践できずに諦めてしまいます。

私自身の感覚ですが、中国語の学習モチベーションが高かった時は初級レベルの後半辺りだったと思います。発音が身につき、基本的な文法構造を理解し、辞書さえあれば大抵の文章なら理解できる…その時は毎日毎日中国語に触れていました。日本にいたため余計にハングリーでしたね。

中国語の参考書や新聞などを読んでいました。
理解できない文法や単語がありましたが、調べればだいたい分かりますし、その場で理解できなくても読み進めたり、多くの中国語の文章に触れているうちにある時ふと理解出来ました。こんなことをひたすら繰り返しただけでした。


スポンサーリンク

モチベーションが高かったので辛いとも思わなかったし、お金を払って中国語を勉強しているのだからやって当然と思っていました。

著作者: SaTaN K

著作者: SaTaN K

この当時は中国語の学習が楽しくて仕方なかった時期でした。

しかし、たまたま私は熱中出来ただけであり、大多数の人は意識的に習慣化していかないと継続は難しいです。私もモチベーションが高いのは一時的であり、その間だけでも夢中になれば語学力は上がるものの、やはりモチベーションに依存した学習方法だけでは、継続するのは非常に難しいです。

 

 

習慣化して行くことが大切

中国語・外国語学習だけに言えることではありませんが、目標を持って、そのためにコツコツと必要なことをこなしていく習慣を身につけている人は成功する可能性が非常に高いです。悪い習慣にどっぷりと使っていると継続は非常に困難です。

「やらなくちゃ」

と、自分に言い聞かせて取り組むこと、「頑張るぞ!」と気合を入れなければ手につかないことは正直苦痛です。しかし、習慣化させれば日常生活の一部として受け入れることが出来ます。タバコや酒と同じで中国語の学習も習慣化してしまいましょう。

習慣は何度も反復して繰り返すことで体に染み込ませていくものです。
あなたの考え方や価値観、人生観。これらはすべて習慣から来ているのです。自分で考えたこと、自分の意志だと感じていることでも実はそれらが習慣化されたものなのだったのです。

貧乏揺すりや緊張して話せなくる(または途端に饒舌になる)これらも習慣。

 

 

「悪習は身につけたくないけど、良い習慣は身につけたい!」

習慣化することでストレスを軽減させて、行動にとりかかる際のエネルギーを少なくしてくれます。習慣化するには200回同じ行動をする必要があります。

 

早起きひとつとっても、毎日起きる時間を決めておけば目覚ましが鳴る数分前に目が覚めます。最初のうちは根性が必要だと思われるかもしれませんが、根性に頼るのではなく、自分にご褒美を与えることです。早く起きて中国語を学習したら、自分の好きな物を食べる。ゲームをする。ネットサーフィンするなど。なんでも良いです。

または勉強に取り掛かる前にワンクッション入れます。

「これをしたら勉強するという習慣」

  • 電車に乗ったら中国語の音声を聴く。
  • 午後9時の番組を見終わったら必ず学習する。
  • 休日○時から、喫茶店で中国語の読解をする

 

など、~したら中国語を勉強する…中国語の学習への呼び水となる行動を取るのです。
顔を洗ったら歯を磨く。風呂に入った後に歯を磨く…などと同じようにできたらベストです。
自分にあった習慣を身につけるのは時間がかかります。
トライ・アンド・エラーで自分にあった習慣作りで中国語の学習を継続していきましょう。

こちらも読むとより効果的ですっ!


スポンサーリンク

-中国語初心者の学習方法