中国語初心者の学習方法 発音の練習

中国語初心者にぜひやってもらいたい1ヶ月で達成感を得られる学習法

夏です。暑いです。
夏はバイトだ遊びだと思いますが、「異常に暑い季節こそ頑張って中国語学習に取り組んでみようっ!」という奇特な方へ。

gf01a201407310800

中華圏で留学していない、日本国内で中国語を学んでいる人、初心者にとってはモチベーション云々も大事ですが、まずは達成感を得られる学習法で着実に上達して行きたいですよね。


スポンサーリンク

 

以前の記事で失敗パターンも書きましたが、夏休みなどの短期集中学習ですとどうしても下記の手法に走りがちです。⇒中国語学習で失敗する典型的なパターン7つ!

 

  • 文法から初めてしまう。または参考書を一冊終わらせることに終始してしまう。

自習だとどうしても文法学習にこだわってしまいます。しかも、文の構造を頭で理解することで「できた気になって」しまいます。実際に会話をしたり、リスニングの練習をすると全く聞き取れず、「あれだけ頑張ったのに…」と、後になってショックを受ける。

 

  • 単語を増やそうとする

片っ端から単語を覚える。単語をひたすらノートに書く。
初心者なので文法構造が身についていないのに、ただ単語を一つ一つ書いていくのみ。
努力の割にあまり頭に入っていないため、これまた後になってショックを受けます。
夏の目標でしたら、やった分だけ成果を確認できる物がいいですよね。
初心者としては上記はまだ早すぎますし、中国語学習でしたら先にやるべきことがあります。

初心者が必ずやらなければならないこと…発音です。

以前の記事でも書きましたが、やっぱり発音なんですよ。

中国語は発音が命っ!最初の難関が最後の難関です!

一番伸びやすく、成長を実感できるのは発音です。
1ヶ月みっちりリスニングしながら、真似をして発音します。ネイティブからの指摘があった方がより良いですが、CD音声で真似しながら学習するだけでも十分上達します。日本人の発音の癖を取るように頑張りましょう。

著作者:** RCB **

著作者:** RCB **

 

発音ができると嬉しくなる!

英語でもフランス語でも同様ですが、日本人ぽい発音から脱却し、ネイティブっぽい発音が出来るようになると嬉しいですよね!英語の授業でも経験があると思いますが、クラスの中で英語っぽく発音すると笑う人いませんでした?それで発音している人が気恥ずかしく感じる…そんなシーンが有ったと思います。

しかし、発音を練習しまくっていれば、そんな恥ずかしさはなくなります。
リスニング力もアップします。
細かい理屈は抜きにします。

「正しい発音ができる=聞き取り能力が上がる」

これは間違いないです。聞き流すだけでは上手くなれませんが、きちんと発音が出来るようになれば聞き取れます。練習しまくることにより発音構造が身体に染み付き、多少の方言を聞いても意味を推測することができるようになります。中国人できれいな普通話を使える人は少ないです。9割以上は方言やその地方の癖が強いです。だからこそ正確に普通話の発音を身につけなくてはならないのです。

発音の基礎から学ぶ中国語

1ヶ月…という短期であれば、発音練習をオススメします。
初心者は絶対に避けて通れない道ですし、集中して覚えてしまいましょう。みっちりやれば必ず上達したと実感できるはずです。


スポンサーリンク

-中国語初心者の学習方法, 発音の練習